日常の諸々。 遠距離からの結婚(岐阜→栃木) / ブルベ冬 etc…

ジョイライフ!

SHOES

足にぴったりの靴の選び方! 靴は売らない靴屋の『痛い靴がラクに歩ける靴になる』という本を読んだ感想

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、甲薄幅狭足ののん(@n0o000n)です。

靴は売らない靴屋の西村泰紀の『痛い靴がラクに歩ける靴になる』という本を読み、なるほど!と思い、忘れないようにまとめました!

 

なぜ足に合う靴が見つからないのか?

・日本女性の足はどんどん細くなっている

日本の生活環境が変わり、50代以上の女性に比べて、若い女性の足は細くなっています

その事実に靴業界は気づいておらず、古いデータのまま靴を作りつづけており、日本で作られている靴はEやEEなど幅広のものが中心となっています。

大きな足は小さな靴に入りません。しかし、きゃしゃな足は大きな靴に入ります。大きな靴を作った方が、販売効率がいいのです。

 

大きめの靴はなぜいけないのか?

・幅広靴で足のアーチが崩れる

幅の広い大きな靴を履き続けることで起こりやすいのが、足に体重をかけたときとかけないときの足囲の差が大きい「開帳足」という状態です。

 

・幅広靴を履くと「前すべり」をする

かかとが抜ける、親指の付け根が痛い、小指が痛い、歩くと疲れるなどは、幅広靴を履いていることが原因です。

 

足の形は3タイプ

足の形には、大きく分けて「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」という3つのタイプがあります。

①「エジプト型」

親指がいちばん長く、小指にかけて短くなっている

スポンサーリンク

②「ギリシャ型」

人差し指がいちばん長く、途中に山ができる形になっている

③「スクエア型(正方形型)」

親指、人差し指、中指はほとんど同じ長さ

 

私の場合、左足はエジプト型、右足はギリシャ型で左右で違っていました…

こういう場合はどうすれば(;´∀`)

 

正しい靴の選び方は?

同じサイズの靴でも、周径が違うとゆるく感じたり、きつく感じたりします。

サイズを信用せず、必ず履いてチェック!

①つま先立ちしてかかとをチェック

つまさき立ちをして、サイズと周径が合っていれば、かかとが抜けることはありません。

②シワが寄らないか、靴が笑わないかチェック

かかとを上げたときに、靴の履き口がパカッと開いたり、シワが寄ったりしないか。

③靴と甲の間に指を入れてみる

靴の履き口と足の甲の間に指を入れて、隙間をチェック。

ちょうどいいのは指の先が少しひっかかるくたいの空きがある靴。

 

理想の靴は、かかとから足の甲までがしっかりホールドされていて、つま先部分に少し余裕があり、足指が自由に動いて地面がつかめる靴です。

 

 

痛い靴がインソールで楽に歩けるようになる!

インソールは目的別に使い分ける!

・前すべり防止用インソール

靴の前方に入れるジェルタイプ。サイズ調整に役立つ。

・縦アーチを支えるインソール

土踏まずの下に入れて、内側の縦アーチを支える。

・横アーチを支えるインソール

足指の根本の真ん中あたりに入れる。

 

細靴メーカー

幅の細い靴を作っているメーカー

・シュープレモ

・ショショット

・タルタルガ

・パンプスメソッド研究所

 

感想

足の構造から解説しているため内容が充実していますし、とても分かりやすかったです。

最近はスニーカーばかり履いていますが、アーチが崩れて開帳足になってしまった(;´∀`)

実際に靴屋で正しい靴の選び方を試してみたいけど、ワイズBにはさすがに合う靴はなさそう…

細靴メーカーか海外メーカーかな

スポンサーリンク

-SHOES

Copyright© ジョイライフ! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.