日常の諸々。 遠距離からの結婚(岐阜→栃木) / ブルベ冬 etc…

ジョイライフ!

SICK

麻疹(はしか)が流行中! 感染力が高く、予防法はワクチンのみ! 麻疹ワクチンは品薄状態、麻疹風疹(MR)ワクチンでも対応可!

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、のん(@n0o000n)です。

GW目前にして、麻疹(はしか)が流行してますね。

沖縄県から始まり、愛知県でも感染者が確認されました。

 

麻疹の症状

感染力が強く、抗体がない人が感染するとほぼ100%発症します。

特別な治療法はなく、合併症がなくても入院を要することもあり、回復までに時間がかかる重い病気です。

麻しんは、麻しんウイルスによる感染症です。感染すると、約10~12日間の潜伏期ののち、熱やせき、鼻水など、風邪のような症状が出ます。数日すると、38℃以上の高熱と、全身の赤い発しん(ブツブツ)が出現します。発しんの出現する前後に、ほほの内側に白い斑点(コプリック斑)が出ることもあります。

合併症がなければ、主な症状は7~10日でほぼ回復しますが、発しんは、茶色くなってしばらく残ります。

麻しんにかかると一時的に免疫力が低下し、回復するまでに1か月程度かかるといわれ、その間は他の感染症にかからないよう、注意が必要です。

 

麻疹に感染したとき

麻疹は感染力が高いため、症状が出たらあらかじめ医療機関に電話して指示を仰いでください。

いきなり病院に行くのは感染を拡大させる恐れがあります。

公共交通機関等は使用しないようにしましょう。

 

インフルエンザよりも感染力が高く、予防法はワクチンしかありません。

自分に麻疹の抗体があるか調べる→ワクチン接種の流れが望ましいかもしれませんが、急を要するので抗体検査を省略して、ワクチン接種だけ行ってもいいかもしれません。

 

麻疹の抗体検査

自治体によって方法や費用は異なります。

妊娠を希望する女性やその家族が対象なことが多く、抗体が低かった場合予防接種の助成金が出ます。

スポンサーリンク

抗体検査の結果を待つ時間が必要なので、2週間ぐらいはかかるようです。

「風しん抗体検査」は多くのところで実地されているようですが、「麻疹抗体検査」は実施されている箇所が少なかったです。

2015年に日本が"麻しん排除国認定"となったことも、影響しているのでしょうか。

 

麻疹のワクチン接種

1977年〜1990年生まれの方は、基本1回しか受けていません。

私は1991年生まれなのですが、母子手帳に麻疹風疹(MR)の記入欄が1箇所しかなく焦りました…

高校3年生で2回目にワクチンを受けた紙が挟まっていました。セーフ!

自分が何回ワクチン接種したかわからない人は、予防策としてワクチン接種してもいいかもしれません。

3回受けても、問題はないそうです。

費用は、病院によってことなりますが、大体7,000円~10,000円ぐらい

麻疹単体のワクチンは入荷に時間がかかる場合があります。

MRワクチンにも麻疹が含まれているので、早くワクチン接種したい方は麻疹風疹混合のMRワクチンでも!

麻疹風疹ワクチンだと、麻疹ワクチンよりも高くなるのがネックですね…

 

ワクチンを接種してから、抗体ができるまでは時間がかかります。

GWに人混みに出かける予定のある方は、早めにワクチン接種をしましょう!

スポンサーリンク

-SICK

Copyright© ジョイライフ! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.